LAZIP CMS
LAZIP OFFICE
導入事例
導入プラン
サポートページ
資料請求
TOP > 導入事例 > イーター電機工業株式会社様
イーター電気工業株式会社 全部門の一定の意識向上を図る事が可能に

イーター電気工業株式会社様
導入前の課題
LAZIP選定の理由
導入効果

社内コラボレーションツール「FOCUS」構築にあたり、ベース・システムとしてLAZIPを選定。日常業務の実情を掘り下げることにより、人的負荷を大きく増やさず、営業部門本来のポテンシャルを引き出すことに成功しました。
お客様と一体になって現場の希望を柔軟に取り込み、導入を成功に導いていただいた事例です。

イーター株式会社 導入前の課題
【エンドユーザーに視点を】
代理店政策によって培われた過去の売上ではなく、これまでのパークからさらにお客様と直接結びつくことが重要と判断。トップダウンでエンドユーザサポートが指示された。しかしながら、旧来の管理システムでは出荷先が営業部門に即時に伝わらず、代理店から先の需要を掘り起こす活動は困難を極めていた。

営業部門のリソースを新規訪問に積極的に振り分けるも、結局は「行き先が無い」状態に。営業部門ではこれまでもエンドユーザー情報の共有を何度も試みるが、いずれのツールも日常業務を越えた大きな負荷を現場に強いることになり、収集-蓄積-活用のサイクルを作れず挫折している。各営業担当は割り当てられた代理店までの情報(出荷実績)しか把握できない・代理店がエリアにまたがり、各担当の地域別の営業活動が重なる場合が多く、効率が悪い・生産部門から報告される情報を最大限に活用し、エンドユーザー情報を共有することが急務

人材活用と需要把握の課題 作業コストの課題 コミュニケーションの課題


イーター株式会社 LAZIP選定の理由
【自己管理=お客様情報の共有という発想】
グループウェア、SFAなど、既成のツールを検討するが、その中から、コラボレーションプラットフォームをLAZIPを選定した。選定理由としては、

LAZIP選定理由

が挙げられたが、なにより、既存システムからの実績や、電源メーカー特有の商品特性をツールにいかに組み込めるかが重要なポイントであった。過去のツール導入ではいずれも営業部門の負荷が増大し、手持ちのエンドユーザー情報のすべてのを共有出来ず、結果的に中途半端な活用だけで終わっていたからである。ツールの選定と同時に取り組んだのは、社内体制の変革である。まず、イーター電機工業が取り組んだのは、報告のための日報管理を、生きた情報に変革する下地づくりであった。

管理体制の変化

LAZIPカスタマイズ設定


イーター株式会社 導入効果
シェア拡大のための情報共有の実現
かたまりで見ていたデータをエンドユーザ単位に分解して初めて、具体的なシェアの伸びしろや、訪問回数別の数字が浮き彫りになった。

いままで、担当顧客のみしか見えていなかった数値が、部署全体の数値としてとらえられ営業部門全体の行動目標が明確になりつつある。

LAZIP画面イメージ
「商談」を時系列、案件単位で集約して確認でき、各代理店との活動打ち合わせが容易になりました。
LAZIP画面イメージ
「商談」を全社で管理する体制となり、取りこぼし、失注を未然に防ぐことが多くなりました。 商談制約率が20%→60%(3倍程度)


顧客DBのLAZIP移行+訪問メモ連動により、日報の精度が上がった。 日報を入力=『自己(の成績管理)』という意識が芽生え、 全部門の一定の向上意識が図られた事が最大の要因だったようです。

  ▲ このページの先頭へ